沼東テニス部卒業生の会会則

沼東テニス部卒業生の会会則

第1章 総則

第1条(名称及び所在地)

本会は、沼東テニス部卒業生の会と称する。

所在地は、 とする。

第2条(目的)

本会は、沼東テニス部の活動への援助と会員の親睦を図ることを目的とする。

第2章 事業

第3条(事業)

本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

(1) 高校生の部活動の振興と援助に関する事業

(2) 生徒、会員の親睦に関する事業

(3) その他本会の目的を達成するために必要な事業

第3章 会員

第4条(会員)

本会の会員は、沼東のテニス部(硬式庭球部)を卒業した者、あるいは、本会の目的に賛同して入会した者とする。

第5条(会費)

本会の活動のために、会員は年会費を支払うものとし、金額は別に定めるものとする。

第6条(退会及び除名)

会員が退会を申し出た時には、役員会の決議を経て退会することができる。

2 本会の会員が不適格であると認めた時には、総会の決議を経て除名することができる。

第4章 役員

第7条(役員)

本会に、次の役員を置くことができる。

(1) 会長 1人

(2) 副会長 若干人

(3) 理事 10人以内

(4) 会計 2人以内

(5) 監事 2人以内

(6) 顧問 若干人

第8条(役員の選任)

本会の役員の選任は次の通りとする。

(1) 会長、副会長、理事、顧問は役員会において選考し、総会に推挙する。

(2) 会計及び監事は総会の決議により会長が委嘱する。

第9条(役員の職務及び権限)

会長は、本会を代表し、会務を統括する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。

3 役員(監事を除く。)は、役員会を構成し、この会則で定めるところにより、その業務を執行する。

第10条(監事の職務及び権限)

監事は、監事を除く役員の職務の執行を監査し、監査報告を作成する。

第11条(役員の任期)

本会の役員の任期は2年とする。ただし、再選はさまたげないものとする。

2 補欠として選任された役員の任期は、前任者の任期の満了する時までとする。

3 役員は、任期の満了又は辞任により退任した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお役員としての権利義務を有する。

第12条(役員の解任)

役員は、総会の決議によって解任することができる。

第5章 役員会

第13 条(役員会の構成)

本会に役員会を置く。

2 役員会は、監事を除く役員をもって構成する。

第14 条(役員会の権限)

役員会は、次の職務を行う。

(1) 本会の会務執行の決定

(2) 監事を除く役員の職務の執行の監督

(3) 会長、副会長、理事及び顧問の選定及び解職

(4) その他役員会で決議するものとしてこの会則で定められた事項の承認

第15 条(役員会の招集)

役員会は、会長が招集する。

2 会長が欠けたとき又は会長に事故があるときは、副会長が役員会を招集する。

第16 条(役員会の決議)

役員会の決議は、出席者の過半数をもって行う。

第6章 総会

第17 条(総会の構成)

総会は、すべての会員をもって構成する。

第18 条(総会の権限)

総会は、次の事項について決議する。

(1) 役員の選任又は解任

(2) 事業報告及び収支決算の承認

(3) 事業計画案及び予算案の承認

(4) 会則の変更

(5) その他総会で決議するものとして役員会又はこの会則で定められた事項

第19 条(総会の開催)

総会は、年1回開催するほか、必要がある場合に開催する。

第20 条(総会の招集)

総会は、役員会の決議に基づき会長が招集する。

第21 条(総会の議長)

総会の議長は、会長がこれに当たる。

第22 条(総会の決議)

総会の決議は、出席者の過半数をもって行う。

第7章 会計

(事業年度)

第23 条(事業年度)

本会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31 日に終わる。

第8章 会則の変更及び解散

第24 条(会則の変更)

この会則は、総会の決議によって変更することができる。

第9章 雑則

第25 条(委任)

この会則に定めるもののほか、本会の運営その他必要な事項は、役員会が別に定める。

附 則

1 この会則は、平成29 年12 月23 日から施行する。

2 本会の設立年月日は、昭和44 年4月1日とする。